読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハワイで23 and Meをやってみた-申し込み/サンプル送付

こんばんは。

せっかくハワイというかアメリカに行くので、

前々からやってみたかった遺伝子解析サービス”23 and Me”を申し込んでみました。

 

23 and Meとはこういうサービス。Gigzineから引用

23andMeは、遺伝子情報を分析することで、難病など特定の疾病の発症リスクを早期に発見できるサービス「Personal Genome Service(PGS)」を提供する会社で、Googleの共同創業者セルゲイ・ブリン氏の妻であるアン・ウォジスキ氏が共同創設者をつとめ、Googleによる出資を受けて2006年に創業したベンチャー企業です。

23andMeの提供するPGSは、利用者宅に遺伝子検査キットを送付し、利用者が唾液を採取してキットを返送すると検査を実施して完了後にメールで通知。利用者は専用ウェブサイトにログインして結果をオンラインで確認できるというもので、費用は99ドルとなっています。なお、ユーザーの遺伝子情報はデータベースに記録され、DNAサンプルとして遺伝子研究に利用されるということです。

 

こちら、現在日本でのサービスは行っていないため、日本に発送してもらうには転送サービスを使う必要があります。

なので、せっかくハワイに行くので、ホテルに発送してもらうことに。

商品代金:99ドル

発送料:9.95ドル

合計:108.95ドル(14000円くらい)

 

5~8日で着くとのことでしたので、逆算して発注。

そしてホテルにもメールをしておく。(返事はなかった)

 

そしたら、チェックインした当日に荷物が来た!!

意外と小さい。A6サイズくらい。逆さまでごめん。

f:id:chibipomen:20150823203556j:plain

開けてみる。

f:id:chibipomen:20150823203812j:plain

説明書と唾液採取セットとバイオハザードバッグが入っている。

バイオハザードなのね。

f:id:chibipomen:20150823203831j:plain

説明書

f:id:chibipomen:20150823203821j:plain

手順としては

①web上で登録

②唾液を容器に入れる。

③試薬を入れる

④蓋をしてバイオハザードバッグにいれる。

⑤箱に入れる

⑥ポストにいれる。

完了です。簡単。

 

ラボに送られて、でそこで解析された遺伝子情報がきっとメールで届く・・・

とりあえず”登録しましたよ”というメールとこんなことができますよ、というメールが来ました。

①遺伝子上の親戚が私に連絡を取れるようにする。

②たのメンバーから招待を受ける

③先祖を見つける

④家系図を作成

 

そこで、全てに登録してみます。

わからなかった英語を抜粋

Orthostatic hypotension:起立性低血圧

A blood clot in the brain:脳の血栓

Bleeding in the brain (a hemorrhagic stroke):脳内出血(脳卒中)

A TIA (transient ischemic attack or mini-stroke)一過性脳虚血発作

A blood clot in your arms or legs (deep vein thrombosis or DVT:脚や腕の血栓

Angina:扁桃炎

Heart failure:心不全

Myocarditis:心筋炎

Atrial fibrillation:心房細動

Aortic aneurysm:大動脈瘤

Aortic stenosis:大動脈弁狭窄症

Congenital heart defect:先天性心欠損

Celiac disease:セリアック病

Ulcerative colitis:潰瘍性大腸炎

Indeterminate colitis:よくわからない大腸炎

Gastroesophageal reflux disease:胃食道逆流疾患

Irritable bowel syndrome:過敏性腸管症候群

Eczema:湿疹

Psoriasis:乾癬

Rosacea:酒さ

Urticaria:じんましん

Asthma:ぜんそく

まぁ他にもあったけどこんあ病歴があったかどうかを答えます。結構大変。

とりあえずはここまで。

また、動きがあったらここで公表するね!